小顔治療のハイフは池袋で受けられる

フェイスラインがたるんで顔が大きく見えるという悩みを抱えている人も、多いのではないでしょうか。

肌のたるみによる大顔は、ダイエットで体重を落としたとしてもたるみが解消されない限り、顔のサイズは変わりません。スキンケアやフェイスマッサージなど、自己流のケアでたるみを解消することは難しいため、コンプレックスになりがちです。自己流のケアで解消できないたるみ、本格的に改善するためにはメスを使う美容整形という手段もあります、美容整形であれば施術法によっては、10歳以上の若返り効果があり顔も小さくすることも可能です。ですが、顔にメスを入れるとなると、大きな負担となってしまいます。

メスを使わない方法でたるみを改善し小顔になりたいなら、池袋で売られる「ハイフ」がおすすめです。ハイフは池袋のクリニックでも多く行われている美容医療の1つです。別名「高密度焦点照射式超音波治療」とも言われており、ピンポイントに強力な高周波による熱ダメージを与えることができます。

SMAS筋という筋膜部分に65~70℃ほどの熱ダメージを与え、この作用によってSMAS筋部分をキュッと引き締めます。脂肪層と筋層の間にある、薄い膜のSMAS筋が引き締まるため、グンと肌をリフトアップすることが可能です。たるんだ肌で顔が大きく見えている人も、引き締まり効果によって小顔になれます。メスを使わず肌へのダメージも最小限に抑えて、小顔になれるとハイフは池袋のクリニックで人気を集めてます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *