池袋で人気の高いハイフと呼ばれる小顔治療とは

10代の頃は肌も引き締まってハリがあり、フェイスラインも非常にシャープな状態だったという方も、年齢と共にフェイスラインにたるみが出て二重顎が目立つようになったり、顔が大きく見えてしまうなどの状態に悩んでいる方が増えてきています。

これは皮膚や顔の筋肉を支えている皮膚内部のコラーゲン量が低下していることが関係しており、加齢や紫外線ダメージが積み重なって肌の乾燥やたるみに繋がっています。そのためフェイスラインを綺麗に引き締めて、小顔効果を与えるためには肌の引き締めとしてスキンケアや、フェイシャルケアなどを受けることが重要となります。

ただ外からのお手入れでは一時的な効果しか得られないため、肌のたるみは肌の内側から引き締めることが重要です。そこで池袋の美容クリニックなどで実際に行われている小顔治療が「ハイフ」です。今まで池袋の美容クリニックで行う小顔やリフトアップ治療は、メスを利用した手術が注入治療などが行われていましたが、このハイフは高密度焦点式超音波を肌に照射することで超音波エネルギーの力で内側の皮下組織を引き締める効果が特徴です。

そのためHIFUはメスを利用しない小顔治療として、人気が高くなっている特徴を持ちます。池袋の美容クリニックで取り入れられているハイフを使用すると超音波熱エネルギーがSMAS筋膜と呼ばれる部位に収束し、点状の無数の熱作用によって即効的に筋膜部分を引き締める効果があります。このお手入れは皮膚の真皮層にも作用するため、コラーゲン生成が活発に行われることで長期的なリフトアップ効果を期待することが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *