池袋でハイフの施術を受けるメリットやデメリット

近年池袋のサロンで、ハイフの施術を受ける人が非常に増えてきています。

池袋のサロンで施術が受けられることができるハイフとは、切らずにできる小顔治療のことを指します。肌に点状に65から70度の熱を照射させるものであり、脂肪細胞に働きかけるものです。手軽に小顔治療ができることから、メスや注射を使いたくない人にはお薦めの施術だといわれています。たるみやしみの悩みを持っているけれども、美容整形はハードルが高いという人まで、手軽に施術を受けることができるでしょう。池袋でハイフの施術を受けることには、メリットもあればデメリットもあるため、それらの両方を把握することが求められます。

メリットとしてはリバウンドしないことが挙げられます。超音波を一点に照射して脂肪細胞を減らすため、サイズダウンには大きな効果が見込めるでしょう。また表面だけではなく肌の深い部分にまでエネルギーが伝わるため、即効性も期待できます。ピンポイントでエネルギーを集中させることになるので、部分的にも効果が見込めます。一度ハイフを照射することによって、その部分の脂肪細胞が溶け出して体の外に排出が促されるでしょう。

この状態が時間をかけてじわじわと行われていくので、施術直後よりも2から3日後や1週間後などには、さらなる効果が実感できます。デメリットとしてあげられることは、ややチクチクとした痛みを感じることや、毎日施術を受けることはできないことがあげられます。超音波であるため骨が近い部分や歯に詰め物がある場合には、歯には響きを感じる人も見られます。心配な場合には弱いパワーからスタートすることもできるため、スタッフに相談すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *