池袋で受けられるハイフと呼ばれる小顔治療の効果は

肌のたるみが進行すると、フェイスラインのシャープさが失われてしまうためほうれい線や目尻の小じわ、二重あごといった顔全体の印象が老けたものになってしまいます。

年齢を重ねても若々しい自分でいたいと考えている方も多いので、普段のスキンケアと並行して池袋にある美容クリニックで受けるハイフが人気になっています。今まで池袋の美容クリニックでは、たるみを改善する小顔治療やリフトアップケアには、メスを利用した手術やヒアルロン酸を注入するといった治療方法が導入されていました。

しかしこういったお手入れは定期的なケアが必要なことや、施術後のダウンタイムが起こる可能性があるので周りに治療を受けたことがバレやすい特徴を持っています。そこで池袋の美容皮膚科クリニックなどの医療機関では、最新鋭の小顔治療であるハイフを導入しています。池袋には数多くの美容クリニックがあり、小顔効果の高い治療方法も複数ありますが、その中でもハイフはメスを利用しないフェイスリフトと呼び、皮下3.0mmの脂肪層深層と4.5mmのSMAS筋層に対して、同時に超音波熱エネルギーを与えることで加熱します。

加熱された深層は肌の土台部分でもあるので、即効的に収縮しリフトアップ効果を実感することが可能です。池袋の美容クリニックによっては、ハイフで皮下2mmの深さを加熱出来るカートリッジを使用することで、皮膚の浅い部分である真皮層にも刺激を与え、より高いリフトアップや小顔効果を実感出来る仕組みとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *