池袋で話題の「ハイフ」で顔のリフトアップ

肌のコンディションを維持するためにも、普段からスキンケアやフェイスマッサージは欠かさずに行っているという方は多く、最近ではエイジングケア化粧品や家庭用美顔器で本格的なケアを始める方も少なくありません。

しかしどんなに自宅でセルフケアをしていても、加齢に伴い肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸量が低下すると、肌の乾燥やたるみが目立ちやすくなりますし、顔の筋肉が衰えてゆるんでしまうことでフェイスラインのたるみやほうれい線などが目立ちやすくなります。こういった肌のたるみは、メイクで綺麗にカバーすることが難しいため根本的なたるみの原因を解決する必要があります。

そこで注目されているのが池袋にある美容クリニックで受けられる最新鋭の小顔治療「ハイフ」のお手入れです。今まで池袋の美容クリニックで行われてきたたるみ治療や小顔治療は、メスを利用する手術や美容注射といった方法が定番でしたが、どちらも高いリフトアップ効果を得られる反面術後のダウンタイムや傷跡が残りやすいデメリットがありました。

しかし池袋で話題のハイフは、熱エネルギーを照射する美容機器によって肌のたるみの原因とされる真皮層とSMAS層に対してアプローチを行い、SMAS層は熱の力でたるんだ部位を収縮させて引き締め効果を与え、真皮層にはダメージを与えることで肌細胞の修復作用によりコラーゲン生成を活発化させる効果が期待できます。一度施術を行えば約2~6ヶ月はリフトアップ効果が持続することや、痛みや火傷といったダウンタイムの心配も一切ないので誰でも気軽に小顔治療を受けることが出来るとハイフは人気が高まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *