まぶたのプチ整形について

プチ整形は、目に関する治療も行うことが可能です。

「二重埋没法」という手術法があり、プチ整形でまぶたを二重にすることができます。二重埋没法は、メスを使うことなく手術をすることができます。そのため、身体への負担が少ないので、術後に回復する時間が非常に短いです。具体的な手術の方法は、髪の毛より細い特殊な糸を、まぶたの裏側から通して、二重まぶたのラインをつくり、両端をとめるだけです。手術時間は、10分ほどであり、非常に短い時間で終えることができます。

手術中は、点眼麻酔やクリーム麻酔を使うため、痛みを感じることがほとんどないです。まぶたを切らずに手術できるため、腫れを生じることが少ないです。手術した当日にシャワーをすることが可能であり、洗顔することもできます。アイメイクは、手術から3日に行えるため、短期の休みで整形をすることが可能です。休みが取れない人の場合は、片目だけを治療して、片目の治療が終わった後に、もう片方の目の手術をすることができるため、会社や学校に通いながら治療をすることも可能です。

二重埋没法でのプチ整形は、万が一、気に入らない仕上がりになった場合には、すぐにやり直すことができるため、理想的な仕上がりにしてもらうことができます。まぶたのたるみが多く皮膚がかぶさっている人や、まぶたに脂肪が多い人などに効果が高い治療法であり、多くの人が治療を行っています。価格は、10万円以下で出来るクリニックもあるため、他の治療法よりも行いやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *