作業服は仕事や作業がしやすい機能的なものである事が必要条件です。また機能的であると同時に、作業服をユニフォームとして全員が着用する事で、その職場の一体感が醸成されるメリットもあります。しかし、機能的な作業服で全員がユニフォームと着用すれば、それで良いと言うものではありません。近年では、ユニフォームを着用するような工場や屋外作業の仕事を嫌う傾向があり、そうした傾向を少しでも払拭するために、格好良いもにする事も重要です。

特に女性は工場勤務よりもビジネス街のオフィスでの仕事を好む傾向が強く、女性用のユニフォームは格好良くて可愛いものを選択する事が求められます。女性用の作業服として上を男性と同じブルゾンスタイルとし、下は私服のスカートやパンツとしている所も少なくありません。しかし、できれば、男性とはイメージが似ているもので、ブラウスと上着の組み合わせとし、下も仕事内容に応じて専用のスカートかパンツを用意した方が良いと言えます。こうした組み合わせにし、ブラウスを着替え用の意味を含めて3色各1枚とし、リボン等も用意します。

こうする事で、ユニフォームとしての統一感を持ちつつ、女性が自分のその日の気分でアレンジしたり、ちょっとしたオシャレ感覚を持ち込める様にする事がお勧めです。作業服が格好良く、可愛いからその工場に就職すると言うほどの効果はないでしょう。しかし少しでも女性の工場勤務に対する拒否感を和らげる効果はあります。少子化の中で、人材不足が深刻になりつつある今日、少しでも良い人材を確保するために、ユニフォーに対しても十分な配慮をすべきと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です