厳寒期や冷凍庫といった過酷な環境では、人間の体温は瞬く間に奪われてしまいます。うだるような暑さも厄介ですが、寒さに対してはなおさら警戒が必要です。体内が低温状態になれば、生命維持に懸念が生じてしまいます。しかも個人差が大きいため、1人だけ深刻な事態に陥ることも少なくありません。

冷えに弱い女性ならば、とりわけ気を遣うべきです。環境が体温を奪おうとするのであれば、それを食い止める働きが不可欠になります。まずは防寒着として使える作業服で、身の安全を図っていきましょう。以前ならば、熱を逃さないために厚手の素材を重ねるのが常でした。

しかしそれでは重量も増してしまい、動きを制限して仕事の妨げにならざるを得ません。しかし新しい防寒着兼用の作業服は技術開発により、軽くて温かい素材の実現に成功しています。熱を蓄える力も強く、太陽光をとりいれたり、遠赤外線効果を発揮したりと、その機能は実に多彩です。取外し可能なフードを備えているものも多く、風が強い屋外での仕事にも心強い存在となります。

ファッション性にも配慮されているのが、現行の防寒着を兼ねた作業服の特徴です。女性が着てもおかしくないようデザインされているため、やる気を損ねるようなこともありません。冬場に起こりがちな低体温症による労災は、企業の信用を大きく損ねる要素です。防寒着機能のある作業服で、社員の健康と会社の業績を、しっかり維持していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です