作業服はさまざまな種類がありますが、冬など気温が低い季節になると防寒着タイプのものを選ぶ必要があります。作業服を選ぶポイントとしては、コスト、品質、デザインがあります。高ければ高いほど良いものを購入することができますが値段が高ければ身体にフィットするとは限りません。また汚れやすい環境で作業する場合には定期的に買い換えていく必要があるためコストと品質の両立しているものを選ぶ必要があります。

また機能性から見れば着やすさを重視するならストレッチタイプの方が向いています。ストレッチタイプであれば生地が伸びるので動きやすく狭い場所の作業に向いていますし、無理に生地を伸ばさないので破れる心配も最小限にすることができます。また日頃から汚れやすい場所で働く場合には汚れにくい素材を使ったものを選ぶことで作業服の寿命を延ばすことができますし、また精密電子部品を扱うような職業には帯電防止のものであることも重要です。一方で作業服は快適に作業できるほかにも気温に適したものを選ぶことになりますが、冬の季節になると防寒着タイプの作業服を選ぶことになります。

防寒着タイプを選ぶさいには、重要となるのが動きやすさとの兼ね合いです。防寒着タイプでは中綿を入れることによって防寒性を高めています。中綿の量が多ければ多いほど防寒性能は高いものになりますが、量が多すぎると動きにくくなります。このため作業をするさいの邪魔になるため実際に作業で邪魔にならないものを選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です