外で作業する仕事が多い方にとって、冬場は何かと辛いものです。寒さで動きが鈍る上に、手もかじかみ道具などを取り扱うのも大変かもしれません。気温が低い季節に外で作業するなら、防寒仕様の作業服を着用するのがよいでしょう。寒さを防ぐ作りになっているため、冬期でも快適に仕事に取り組むことができます。

防寒仕様の作業服は、風を通しにくい生地を使っているのが大きな特徴です。作業をしていると汗をかくことが多く、通常の製品では通気性に優れた生地が使われています。しかしそれを冬場に着用すると、冷たい風が服の中に直接入り込み体温を下げてしまいます。風を通しにくい生地ならそうしたことがなく、寒い季節でも問題ありません。

体温による熱が外部に逃げるのを防ぐ効果もあるため、服の中は一定の温度を保てるのもメリットです。裏地に中綿が入っていたりボアが付いているのも、防寒作業服の特徴です。中綿は生地の中に入れられており、暖かい空気を取り込むことで高い保温性を実現します。ボアは生地の裏側に縫い付けられているもので、これも暖かな空気の層を作る役割があります。

ボアの場合は肌に近いところにあり、着用した時の暖かさも感じさせてくれます。寒さが厳しい場所で作業するなら、フードが付いた作業服も検討してください。かぶることで顔や頭部を覆うことができるフードは、最も寒さを感じやすい部位をカバーすることで快適さを生み出します。取り外し可能なフードが付いた商品なら、使わない時でも便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です