自動車のタイヤの溝は何のためにあるのか

自動車は様々な場所を走ることができます。

舗装された道路から、砂利道、雪道などなど。
自動車が走る上で最も欠かせない部品の一つがタイヤです。
路面と設置している唯一の部品ですからね。


この自動車のタイヤですが、溝がついていますよね。これは自動車だけでなく、自転車にも付いていると思います。この溝って何のためにあるのでしょうか。

もしも滑らないように溝をつけてあると思った方は間違いです。
なぜなら溝の分だけタイヤと路面の接地面積が減ってしまうからです。


もちろんタイヤと路面の接地面積が広いほうが滑りづらくなります。
でなければ、スポーツカーが太くて大きいタイヤを履く意味がありません。
レーシングカーに至っては溝の一切ないスリックタイヤを履いていますね。

トラックのラッピングの様々な相談を受けることができます。

実はこの溝は、実は水の通り道になっています。

ハイドロプレーニング現象はご存知でしょうか。
高速で走る場合、タイヤはものすごい速さで回転しています。

その状態で水の上に乗ってしまうと、タイヤが水の上に浮いてしまい、タイヤが滑ってしまいます。この状態になるとハンドルも聞きませんので非常に危険な状態になっていまいます。


それを抑制するために溝をつけることで、水の逃げ道を作り、タイヤが水の上に浮かないようにしているのです。

なのでレーシングカーも雨が降ると、溝のあるタイヤに履き替えています。
タイヤが摩耗してきたらタイヤを変えるのが一般的ですね。

Yahoo!知恵袋が今、話題になっています。

それはタイヤ自体の摩擦力が落ちるからだけでなく、溝の深さがなくなっていくからです。

溝の深さがなくなっていくと、排水性が悪くなり、ハイドロプレーニング現象を引き起こしやすくなります。

最悪命にも関わるのでタイヤ交換は怠らないようにしましょうね。